キャッシング・カードローンの歴史

公開日: 

20131211151145uXVU

カードローンというのは、銀行や金融機関の発行するカードを用いて、決められた貸出枠まで借り入れができるものです。

カードローンの歴史についてみていきましょう。
歴史的に、サラリーマンのような勤労者を対象とした貸金業というのは高度成長期のころから存在していましたが、金利が非常に高く、強引な取り立てが大きな社会問題となっていました。

グレーゾーンと呼ばれる出資法で定められた上限金利が、利息制限法の金利まで引き下げられることが決まったのは、2006年の年末でした。

グレーゾーン金利の廃止で金融業者の歴史は転換点を迎えます。

大手とされていた金融業者も過払い金の返還により、経営難となるものが多くありました。
これらの中で生き残った会社の多くは銀行との提携を行って、カードローンを立ち上げました。
各社がATMのような手軽さで利用できる無人の店舗を街のあちこちに出店するようになりました。
グレーゾーン金利の廃止で利用者側の安心感が増し、また、多くは無担保で、しかも保証人のいらないシステムとなっているため、事業資金の調達や給料日前のサラリーマンなどに重宝されています。

その一方、カードローンは返済が滞ると直ちに新規貸出が停止されますから、きちんと返済できるよう計画的に利用することが大変重要です。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑